Home > iLife > | ソフトウェア > 失った写真を iPod touchから復元

失った写真を iPod touchから復元

101108.jpgiPhoto11のおかげで失った写真をなんとか復元できないか考えた結果、iPod touchに残された写真をiMacに戻すことで復元を考えました。トラブルのあと iPod touchとiTunesをつないだ際、写真の同期をさせずに保存してありました。

iPod touchから写真を取り出すMac用のツールを探しますが見つかりません。Windowsだといろいろとあるようですが、Copy Trans Photoをいうソフトが良さそうなのでダウンロードしてみました。Free Downloadとありますから期間限定で使えるものと思えば、iPodからPCにコピーした写真すべてにロゴマークが入るので購入するしかないのです。3,480円でした。支払先は国外になり、カード払いの場合、日本語とローマ字で二度も住所を登録させられます。時間がかかりますが制限解除コードがメールで送られてきますから、受信したコード、姓名をコピーして登録し制限解除を行う必要があります。

Windows7のパソコンにダウンロードしましたが、インストール後、iPod touchの場合はドライバがないためエラーになってしまいます。エラーを回避するため、iTunesをアップルのホームページからダウンロードしてインストールする必要がありました。インストール後はiTunesは必要ありません。Windows7で音楽を聴く予定もなく、一度しか使わないので上級者用の操作も必要ありません。

Copy Trans Photoで iPod touchが認識されると画面に写真が表示されます。iPod touchの全画像を選択して、PC側画面のフォルダを選択しドラッグした後「変更を適用」をクリックすると、フォルダに保管されます。スライドショーを見ることができますが目的ではありませんから、保存されたフォルダをポータブルHDDなどにコピーします。

コピーが完了したら、iMac側にポータブルHDDを接続し、iPhoto11を起動してライブラリに読み込みます。撮影日のデータがなくなりますから、読み込んだ写真はひとつのイベントに全て入ってしまいます。そのためイベントを開き、写真を見ながらイベントの分割を繰り返さないといけません。作成日を変えることができないため、A6ノートに書かれたダイアリーを参考に日付をタイトルの前に付けながら入れました。最後にタイトルで並び替えました。

2時間半ほどかかり、ようやく復元することができました。画像のサイズは640×425になり画質は落ちましたがブログに使う程度なら問題はありません。iPod touchには 1年分しか保存してなかったので、2年分は失うことになりましたが全く失うよりはましと諦めました。

Copy Trans Photoは簡単に写真をコピーしてくれます。パソコンの写真をiPodなどにコピーすることもできる iTunesを使わなくてもよいツールです。操作も簡単ですから試すだけならFree Downloadしてみても良いでしょう。困った時にはWindowsのパソコンでないと良いツールがありません。仮想ソフトを使うよりWindowsパソコンを一台用意しておくのも必要と思いました。

Comments:0

Comment Form

Home > iLife > | ソフトウェア > 失った写真を iPod touchから復元

Feeds

Return to page top